子ども部屋で新しい言語を練習する5つの方法

色と動物がいっぱいな子ども部屋

今、私たちは自宅の子ども部屋にいます。

家で過ごす両親は、仕事をしながら子どもの世話をするのが難しいということなど、とっくに知っています。私が見る限り、最良の対処メカニズムとなるのは、新しいことを学び続けることです。たとえば、新しい言語です。新しいスキルを学び、クリエイティブになることは、家に閉じ込められることで起こるストレスや憂鬱さに対する防御法になります。

言語教師、教育アプリデザイナー、2人の小さな子ども(3歳と5歳)の父として、満たされない心を抱えて家にいるみなさんに、言語学習に関する知識をお伝えできたらと願っています。

自宅は新しい言語の練習に最適な場所です。学ぶ必要がある一番重要なものは、すべて私たちの周りにあります。

自分自身のレベルがどんなものであっても、両親は子どもが学ぶことを手伝うことができます。子どもに言語を教えるときに私が守っている簡単なルールは、次のとおりです。

  • 学習はどんなときも楽しいものであるべし。
  • 恒常的な短時間練習は、周期的に行う長いセッションに優る。
  • ささいな間違いの訂正は、時間とエネルギーの浪費。
  • 全員が課題を完了することの楽しさは、ひとりの勝者に優る。

 

お子さんが自宅の子ども部屋で新しい言語を練習するのを助ける5つのゲームをご紹介します!

子ども部屋には、いたるところに色と動物があります。色と動物は最初の一歩として素晴らしいものです。本質的に人の気持ちを引き付けるものだからです。

1. 色を見分ける

新しい言語で色をひとつずつ言います:「Red!Redを見つけて!」 スペイン語なら「Rojo!」

子どもにおもちゃの中から、それぞれの色を探してもらいます。

子どもが大声で色の単語を繰り返すことができたら、上出来です。

子どもがゲームを理解したら、今度は、子どもが大声で色を言い、みなさんや兄弟姉妹が見つけるようにしましょう。

2. 知っている色を示す

子どもが新しい言語で覚えている色を自由に指し示していくやり方のお手本を示します。

「見て、ママ、greenだよ!」 または「見て、ママ、verdeだよ!」

あなたのご家族が新しい言語で10種類以上の色を言えるなら、大成功です。

3. カラーハント

クレヨン、マーカー、または色鉛筆のパックを取り出します。子どもを別の部屋で待たせます。(のぞきみはダメ!)

遊び場全体にクレヨン、マーカー、または色鉛筆を隠します。非常に幼い子どもには、あまり上手に隠さないほうがいいかもしれません!

別の部屋にいた子どもを連れてきて、捜索をスタートさせます。子どもが色鉛筆を見つけたら、全員が新しい言語でその色を大声で叫びます。

文型を取り入れることもできます。「It is pink!(ピンクだ!)」、スペイン語なら「Es rosa」。

今度は、みなさんがのぞき見せず、子どもがマーカーを隠す番です。子どもだけでゲームをしてもよいでしょう。

4. 動物を数える

新しい言語で動物を大声で言います。子どもにおもちゃの中から各動物のサンプルを見つけてもらいましょう。

それぞれの動物の色々なバージョンをできるだけ多く数えましょう。

クマは何匹持っていますか?

子どもは新しい言語で何種類の動物を識別できますか?

5. 動物の家族を育てる

交互におもちゃの動物を選び、新しい言語でその名前を大声で言います。チームを選ぶように一人ひとりが一度にひとつずつ自分の動物の「家族」をためていきます

文章の練習をしましょう。「It is a cat(これは猫です)」、「They are bears(これらはクマです)」などです。(スペイン語なら「Es un gato」と「Son osos」)

動物を使った文章に色を加えます。「They are brown bears(これらは茶色のクマです)」 スペイン語なら「Son osos marrones」

知らない動物については、スマートフォンで調べてください。

 

無料で、多くの動物や色を英語、スペイン語、中国語、フランス語、ドイツ語で学ぶこともできます。

Studycatでは、子どもに言語を教えるゲームを沢山ご用意しています。

 

今おきているあらゆる混乱に良い点があるとするなら、それは子どもと過ごす時間が増えるということです。

今現在は、そんな風に思えないかもしれませんが、私たち親は実際、子どもの最高の教師になることができるのです。私たちは常に学習を楽しいものにする素晴らしい教師になることができます。

一日一日、着実に行きましょう、みなさん。

自宅で学ぶパート2-キッチンで新しい言語を練習する5つの方法」をお楽しみに!